CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
Modanica(初回生産限定盤)(DVD付)
Modanica(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
LAMA
音いいです。良い意味でjpop感もあります。ナカコーがメインで歌えば安泰なきがします。
RECOMMEND
Bloom
Bloom (JUGEMレビュー »)
Beach House
相変わらず野太い声のお姉さんが優しく歌いあげます。いつも思春期の少年を連想しちゃうんですよね。捨て曲ナシ!
RECOMMEND
Shields [帯・解説付き / 国内盤] (BRC344)
Shields [帯・解説付き / 国内盤] (BRC344) (JUGEMレビュー »)
GRIZZLY BEAR,グリズリー・ベア
なんと言っても綺麗です。丁寧に作り込まれています。ダニエルの声がまたいいんだよ。
RECOMMEND
Mature Themes
Mature Themes (JUGEMレビュー »)
Ariel Pink's Haunted Grafitti
またカセットに録音始めた?と思いつつなんとなく角もとれて優しい感じに。それと志茂田景樹みたいになりました。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
時計
天気
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
テーマもジャンルもない大味ブログ。
立ち上がれ水槽
こんにちは元気にしております。南の国のkenです。

3月はパタパタしてまして今は落ち着き、
絵なんて描きたくな〜いという病気がやっと治りだした頃です。

そんな中、足しげく通ったところがありまして
それはこちら


嘘か本当か西日本最大級のアクア館みたいです。←失礼

簡単に言えばおしゃれな熱帯魚&水草屋さん。

ある日、なんとなくTVを見ていると今ではすっかり大御所の貫禄を放っているローカルものまねタレントの魅川憲一郎が「おじゃまするわよっ」と言ってその店に潜入していました。

「最近のブームは水草です」

店長の言葉とその水草の美しさにやられました。

で数日後がこちら↓


まだ一週間くらいですが、はっきりいってド素人の水槽です。

上級者が日本庭園としたら僕のはただの雑木林です。

そもそも水槽に熱帯魚や水草を育てる人のことをアクアリストといい、
そう易々と手が出せる世界ではないことを後で気づかされました。

要はしち面倒臭いんです。

やれ照明だ二酸化炭素だ生物濾過だPHだキリないです。

アクアリウムの世界では水槽始めるときに「立ち上げる」という言葉が使われています。

「ホームページかよっ」と思わずつっこみましたが、口滑って「立ち上げた」なんて僕が言おうものならいじわるなアクアリスト達が
「口ほどにもねえな!」って罵りそうで怖いです。


僕は学生の頃、実は歌手になりたかったのですが
「スティングのように高音が出ない」
という理由で夢をあきらめました。どんだけあつかましい学生や。

やるからには徹底するというしつこい性格なので足を踏み入れてしまった以上はやり遂げていきたいと思っています。あ、遂げてはいけないけどね。
維持に努めます。


琉球ぴらすさんからTシャツの新作を出させてもらいました。
あと2点出すと思います。今回はゆる〜い感じがおおいですね。
よろしくお願いします。


ユメ子とリトルシーサー  http://ryukyu-piras.com/SHOP/6273.html




| 日記 | 16:04 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
普通の日曜日。
 お久しぶりです〜

そろそろこのブログも皆さんに見放されるのではと思えるほどのさぼりっぷりですが、元気にやってますよ〜。

たまに会う人に「また太ったんじゃない?儲かってるでしょう」

などと言われることがありますが、そんなこと一切ございません。

僕がいくつもの仕事を同時に進行出来る能力があればいいんですけどね。

一個一個しかできませんのですわ。

ポストカードを購入されるお客様には最近新作が出てなくてご迷惑をおかけしております。

でもこれは稼ぐための仕事というより僕のライフワークでもあり喜びワークでもあるので、気長に待っていただけたらと思います。



この間、国際通りで親子を見かけたのですが、4.5歳くらの男の子が一生懸命父親の尻を蹴り上げてました。繰り出すミドルキックとパンチの一方的な攻撃に父親は
「おう、さっきのは良いキックや、もっと腰を入れて蹴れや!」と言い放っていました。

親子って不思議なものですね〜♪

国際通りでカップルを見かけたのですが、まだ20代前半くらいの可愛らしい女性がめちゃくちゃ重たそうなバッグを両手に持って歩いてました。彼氏は手ぶらで前を歩いています。
彼女はドシンッと何度も荷物を地面に置きます。ボーリングの玉が3個くらい入ってるように見えました。

男女って不思議なものですね〜♪

それではまた次回!    BGM  美空ひばり「愛燦々」


| 日記 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あ、あけましておめでとうございます。
「あ」が口癖のkenです。

2012年今年もよろしくお願いします。

昨年「良いお年をはまだ言わない」などと年末最後の挨拶を匂わせつついきなり新年の挨拶になりました。

しかも今日は10日。

まあ、こんな自分ですけど、こんな自分でしかいられないのであります。

人の行いは、ブレない、有言実行、矛盾のないことを美徳としているようですが、僕はあんまり好きじゃないですね。物事は常に変化するし矛盾をはらんでます。それは心も同じ事が言えるでしょう。


周りの人間は迷惑するでしょうけどっ


諸行無常ってそういう意味だっけ?


昨年はブログの投稿少なかったですね。(つぶやき増えたけど)

僕は去年の自分の記事を読むとまるで別人が書いたように思えます。

数年前の記事なんて恥ずかしすぎて吐き気がしたり、一回りして愛おしく感じたりなんかして。


人間は毎日生まれ変わるという言葉を耳にして「んなアホな」と思っていましたが、今はなんとなくその感覚がわかる気がします。

感覚的に生きるというのは自分に正直に生きることに結びつくのでしょうか。


去年は震災をはじめ色々ありましたからねぇ、精神的に敏感な年になったと思います。

そしてなんだか今年も色々ありそうな予感。

とにかく笑いのある一年を送りたいですね〜。


一番好きな「すーまぬめぇ」のスペシャルそば。
フーチバー(よもぎ)に虫が付いてないか目を皿のようにして見てから頂いてま〜す


| 日記 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011のクリスマス
 今日は25日クリスマスです。

こんなん作りました〜


クリスマスってやっぱり照れくさいけど、やっと正面から向き合えることが出来ました。

向き合えてないかな。


イブの夜に携帯を拾いました。

丁度友人達と集っていたところでその携帯が鳴り、

なんとそこから3分の場所に待ち合わせてお返しすることができました。

ツイてる方ですよね。

さて僕は自宅に戻り寝る前いつものように携帯を開きました。

げっ!!

僕の携帯、液晶壊れて真っ黒でした。なんで?身に覚えがない。。

携帯にまつわる話でこんな明暗を分けるとはね。

思い返せば今年も色んな物を壊しました。

物を大事にしないとね。

子供のしつけみたいなことを年末に噛みしめています。



今年も年賀状を出せない年になりました。

去年はおばあちゃん今年はおじいちゃんというわけで。


そういう事だけしっかりルールを守るこの僕を来年も暖かく見守ってくださいね。

今年はあと一回くらいUPできたらと思ってます。

良いお年をはまだ言わないよ。



| 日記 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
幻とのつきあい方
今年一番良かったいアルバムかもしれないです。

ゆらゆら帝国解散からのソロ一弾。

幻とのつきあい方



震災後この時期にちょうどいい内容になってると思います。

歌詞の表現に震災の「し」の字もないですが。


「死人が、自分がとっくに死んでるのを気づかずに楽しそうにやってる」

という評が面白くその通りだなと思いました。




| ミユージック | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
ハンバーグと餃子の狭間で
 先日まで実家に帰っていました。

祖父(93)の葬式です。

僕が知っている限り好きに生きた人生だったので大往生ではないでしょうか。


今回はほのぼの系で

母のハンバーグは世間で言うところのメンチカツでした。

「今夜はハンバーグよ」と言われれば、僕ら兄弟は頭にメンチカツを思い描いていたわけです。

でも母のハンバーグはわらじの様に大きく、わざわざパン粉をつけて揚げてくれるので皆好物でした。

先日妹と甥っ子と母三人でドライブに出かけた時の事。

妹に「あれやっぱハンバーグでなくてメンチカツだよね」って話をしたら

「旦那がお母さんのハンバーグ食べた時、あれメンチカツじゃないって言ってたよ」

「じゃあ何?」

「餃子だって」

確かにニンニク、キャベツ、挽肉が入ってるから中身は餃子に近い。

そのあと妹と大笑いしました。

そのとき肝心の母は無言。。


そして沖縄に戻る前の夜。am1:00

母は夜中にハンバーグを作っていました。

僕に弁当を持たせるために夜中せっせとハンバーグを焼いているのです。

えっ焼いてる??

母のフライパンには揚げものはなく焼いたハンバーグがあったのです!

一般社会では当たり前の光景でも我が家では画期的な出来事でした。

そのことを僕は慌てて問いただすと母は

「えっ。これがハンバーグよ。揚げる?あれはハンバーグじゃないでしょ。あなたたち勘違いしてたんだね〜」

!!!

実の母が実の子供に記憶の改ざんを試みたのです。

もちろんそんな小細工は僕に通用するわけがありません。

車の中で大笑いした事を思い出しました。母にも人並みにプライドがあったのでしょう。

結局「そうだっけ?」ですましました。

本当は油で揚げた、わらじの様にでかくてニンニクの利いたハンバーグ?が食べたかったのですが。。

次の日家族に見送られ、着いた駅で弁当箱を開けてみました。

!!!

なんと母の作ったはずのハンバーグがミートボールになっていたのです。

わらじのような風格はどこにもなく、ちっちゃなミートボールたった3個。ご丁寧に甘だれをかけて。

そういえば母は「弁当用に食べやすくしておいたから」と言っていたな。。

では夜中に見たあのわらじの様なハンバーグは家族用ってことだったのね。

一瞬これは昨日の大笑いの報復かと母を疑いましたが、母はそんな性格じゃありません。

服をうしろまえに着て僕を出迎えるような人です。

そしてミートボールをおもむろに口に入れる。

ん!餃子だ。

次帰ったときはいつものわらじの様な母のハンバーーグが食べたいと思います。

なんて言ってオーダーしたらいいのかわかりませんけど。


見送りに来てくれた甥っ子



| 日記 | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |