CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
Modanica(初回生産限定盤)(DVD付)
Modanica(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
LAMA
音いいです。良い意味でjpop感もあります。ナカコーがメインで歌えば安泰なきがします。
RECOMMEND
Bloom
Bloom (JUGEMレビュー »)
Beach House
相変わらず野太い声のお姉さんが優しく歌いあげます。いつも思春期の少年を連想しちゃうんですよね。捨て曲ナシ!
RECOMMEND
Shields [帯・解説付き / 国内盤] (BRC344)
Shields [帯・解説付き / 国内盤] (BRC344) (JUGEMレビュー »)
GRIZZLY BEAR,グリズリー・ベア
なんと言っても綺麗です。丁寧に作り込まれています。ダニエルの声がまたいいんだよ。
RECOMMEND
Mature Themes
Mature Themes (JUGEMレビュー »)
Ariel Pink's Haunted Grafitti
またカセットに録音始めた?と思いつつなんとなく角もとれて優しい感じに。それと志茂田景樹みたいになりました。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
時計
天気
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
テーマもジャンルもない大味ブログ。
1Q84とダンス・ダンス・ダンス!
梅雨明け間近です!



なぜかいまさら村上春樹のノルウェイの森をもう一度読んでいます。

今は新刊の「IQ84」が話題なってますけどね。


きっかけはこの間、村上春樹の批判をしている田中◎夫をYoutubeで発見したんです。

エルサレム賞を受賞したことと、代表作「ノルウェイの森」からの2箇所を批判していました。

1箇所まではそうかもなあ、と思わせるけど、2箇所目からはもう、ついていけなくなりました。

人って感動した時はそれを上手に言葉で表現するのは難しいものですよね。

逆に批判するときにはやけに口数が多くなってることってないですか?

どこかに正当性がなくてはいけないと思って饒舌になるのだと思います。

あの人、素直に「嫌い」とか「悔しい」とか言えばいいのに日本の外交がどうとか。。


感情の高ぶりをその場ですぐ言葉に変換出来る人ってのもちょっとペテンの臭いがしちゃいますね。

ある作詞家が

「人が熱く語るときの内容なんてほとんどが嘘だ」

って言ってったのがすごく面白いなあと思いました。


なんだかんだいって上記のことを自分にあてはめると、僕はりっぱなペテンです。


あ、あと僕は俗にいうハルキストじゃないですよ。

なぜならあんな背中がむずむずする会話の仕方は抵抗あるし、長編小説はまだ2冊も読んでないのがあるからねっ。

1Q84とダンス・ダンス・ダンス!
| 独り言 | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
妄想アバンティ
うちの近所の道路脇に、夕方になるとクロネコの人達が集まってなにやら休憩してるんですよね。

おや、今日もなんだか会話が盛り上がっている様子。ちょっと聞き耳立ててみますか〜。



「なあ今日何個積んだ?」

「20個です」

「少なっ!俺100個」

「100って、あたま悪・・」

「あの〜聞こえてるんだけど、くやしいなら素直にくやしいって言えばいいじゃん」

「なんで僕がそんな事くやしがるんですかっ。先輩いっつも弁当箱みたいなの運んでるのに」

「はあ?弁当箱の中身が全部純金だったらどうするんだよ!」

「どうもしないし、絶対ないし。。」

「みんな言ってるぞ、お前でかい箱ばっかりゲットして、中身コロッコロだってよ」

「みんなって誰ですか」

「みんなはみんな」

「きもい。。」

「みなさ〜んここに性格の悪い奴がいるんで、みんなでシカトしましょう〜」

「誰も聞いていませんけど」

「聞いてます〜」


こんな会話してたら面白いんですけどね。ま、こんなアホな運営してるわけないけど。

本家のラジオ「アバンティ」は、とてもオシャレな感じでトークが展開されています。



| 独り言 | 03:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
優しさ
優しさってなんなんすかね。

僕は一見人当たりが良くて、優しそうに見られるそうですが、結構「優しくない」と言われてしまいます。

目に見える優しさが少ないからだと思います。

欧米人みたいに、スキンシップ、優しいことば、贈り物、そんなことができないんですね。

僕はそんな人に憧れをもつんですが、それを僕がやると後が続かないのは目に見えるので、無理してやらないことにしています。

でも最低のことはしなければ。。メールの返事、贈り物のお礼。。etc..ひどい。。


一方、特別なことをしなくても、存在自体が優しい人っていません?

赤塚不二夫もそんな人じゃないかな。自分勝手に生きているようなのに、何故か慈愛にあふれていて、周りの人の心が温かくなるような存在。

根源的に優しい人は、まず、自由を掴んでいるような気がします。
それは環境による自由ではなく、心の自由。

存在自体があふれていて、周りにいる人の心まで満たしてくれるんです。

そんな人になれればいいなあ〜。楽だし。

さて、以上前置きはおわり。

僕はカナダのミュージシャン、チャド・ヴァンガーレンの宣伝がしたかったんです。

彼の音楽を知ったのは、今はライセンスの問題で聴けなくなったインターネットラジオ。

数千、数万の曲が流れる中でチャド・ヴァンガーレンは僕にとって別格でした。

カナダのインディーズミュージシャンなので、ライブの様子をyoutubeで観ると、小さなライブハウスや、野外のテント内で演奏している姿が多く見られます。

ファンの中には「チャドはもっと世界から評価されるべきだ」と訴えている人もいるようですが、チャド・ヴァンガーレンはショービジネスでの成功を望んでいないように思えます。

彼もまた自由を掴んでいて、優しさにあふれているからです。

きっと意味の世界から解放されて「これでいいのだ」なんです。←タモリの弔辞引用。

僕はそのあふれるものを浴びて、至福を味わいます。それ以上の事を求めていません。

チャドもそれでいいと思っているんじゃないかと思います。

何故なんでしょうかね。それを音楽を通じて感じるんです。


9月に出るアルバム「SOFT AIRPLANE」

直訳したら「柔らかい飛行機」 ああ、自由で優しいタイトルだなぁ。



あ、そうそう、タモリの弔辞は「陰の世界から解放」ではなく「意味の世界からの解放」だと思います。
| 独り言 | 14:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
居ても立っても
ああ、こんな夜中に目からウロコが落ちてしまった。。

運命の出会いとは前触れもなく訪れるんですね。

音楽に関して通ぶっていた傲慢な自分から今、目を覚ましました。
奇跡ってこの世にあるんですね。

というわけで紹介します。

引きこもりミュージシャン、ノリアキです。

http://jp.youtube.com/watch?v=HGEQDgig1_Q

パソコンでない方には申し訳ありません。

とりあえず、髪型、服装からしてカテゴリーはビジュアル系で良いと思います。

しかしこの人どれくらい知名度あるんだろう。一応アルバムも出てるし今年ブレイクの予感をビンビン感じます。

| 独り言 | 03:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
きっと仕掛けだらけ
沖縄で生活してもう6年。沖縄の生活はよく横社会だといいますが、確かにその通りだと思います。

あとこんなことよくあるんです。

Aさんと友達になったとします。後にBさんとも友達になるんですが、実はAさんとBさんは昔から友達だったりするんです。

「沖縄せまいね〜」なんてよく口にするんですよね。

でも最近、友人から「でもKEN君はそれがちょっと多すぎ」って言われました。

僕の別々に出会った人達が何故か繋がっている。

そう思うと人生の間に出会う人は、やはり出会うべくして出会っていると実感してなんだか嬉しくなります。

道で行商していることも、かなりの影響を及ぼしてると思いますけどね。


この間スペインの映画を自宅で見ているとき、僕が最近関わった事柄や、言葉、音楽が次々出てくるんですよね。 最近勉強したダンス振付家の名前。今読んでいる小説のタイトル。僕がもう一度聞きたくて仕方がなかった音楽。

まるでこの映画が僕に何を気付かせようとしている錯覚に落ちいります。

だから何?って思われそうですが、この世の中には僕には分からない仕掛けがたくさんあるんじゃないかと思えてくるんです。

これから僕の人生にどんな仕掛けが待っているのかと思うとウキウキしますね。

そうだな。。まずは家ばっか居ずにちゃんと外に出掛けなくちゃね。


| 独り言 | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
時間
消費期限切れの商品が販売されていた事件、最近多かったですね。
それで思ったこと。
「けっこう期限切れててもいけるや〜ん」

時間なんて所詮人間が作った概念、そこから生まれた賞味期限というルール。

それを守ったとか破ったとか。お腹に入れて平気なら同じや〜。
まだいける食べ物を粗末にして捨てるくらいなら期限切れセールとかやってほしです。

とか偉そうに言いつつ、期限内の牛乳が腐ってて吐き出したことのある自分。
普通に保存していたのにな。

業者様。牛乳の期限改ざんはやめた方がいいっすよ。

| 独り言 | 02:30 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
世の中を泳ぐ
約2ヶ月前、週に一回はプールで泳ごうと決めていたのに、体の故障が相次ぎ全く泳いでいませんでした。

もう今は完全な健康体なので明日にも泳ぎに行きたいと思っています。
プールで他の人の泳ぎを観察するのはなかなか面白いんです。
 
泳ぎ方って結構皆、癖があるんですよね。息継ぎ、ストロークなんか人それぞれです。

僕はプールを世の中に例えるんです。

バタバタ水しぶきをあげて派手に泳いでいる割にはあまり前に進んでない人。
こんな人は、不器用な性格で世の中も上手に泳げてないんだろうなと思ってしまいます。

手先をきっちり揃え、クロールは手首のスナップに命をかけてロボットのように泳ぐ人。
こんな人は自己陶酔型で、自分の見てくれだけを重要視しているように思えます。

ビート板でバシャバシャと周りのペースを乱して泳ぐ人。
きっと周りの目なんか微動だにしない超マイペース人間です。

キョロキョロしながらひたすらプールを歩くおじさん。
目の保養っすか?

僕はそんな人達を脇目にゆっくりなストロークでスイ〜と過ぎていくんです。

きっと僕の理想的な世の中の泳ぎ方なんだと思います。
水の流れに沿うように体の力を抜いてゆっくり手足を動かしてスピードはある程度の速度を保つ、みたいな。

世の中ではそうはいってないんですけどね。せめてこのプールの世界だけでも泳ぎ上手になりたいと思っています。すい〜っと

| 独り言 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
お知らせ
車やオートバイを運転している皆様へ。

右折する時は直進車が通り過ぎるまで、じっとしていてください。

じりじり寄ってくるのは怖いんです。

今日のパトカーの君もね。
| 独り言 | 02:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
拝啓ヨーコ様
貴女を初めて見たのは13年前、宮島の厳島神社でした。

僕は当時廃盤決定の「オノボックス」を毎日聞いており、初期のころの叫びオンリーの曲目に度肝を抜いた記憶が今でも鮮明に残っています。

後期はメロディアスな曲が多く
「女性上位バンザ〜イ」と歌うヨーコにほっと胸をなで下ろすこともありました。

そのヨーコが僕らの町にやってくる。

ヨーコは21年ぶりの日本公演だったそうです。広島は当時原爆投下からちょうど50年でした。
全国からたくさんの人がヨーコを見に厳島神社に集まっていました。
中にはジョンとヨーコにそっくりな格好のカップルまでいて、境内はもう最高潮。

さあ、ヨーコが現れた。ヨーコが歌う!

「どあ”あ”あ”おおおぇぇ〜あ”あ”うぁあうぇあ”♪」
 
。。。ヨーコあんたはエライよ。。手加減なしか。
観光で来たおばちゃん達のポカ〜ンとした顔。顔。顔。
それは広島に捧げる魂の叫びだったのでしょう。
宮島のもみじ饅頭を喜んで買う一般市民には、少々アバンギャルドが過ぎたようです。
あれ以来、僕はしばらくカラオケに行くと、ヨーコのものまねをよくしていました。

「どあ”あ”あ”おおおぇぇ〜あ”あ”うぁあうぇあ”♪」


僕はヨーコが好きです。
たとえ、小出し小出しにジョンの曲を出して金儲けしていても。
いまだに失言多くてポールを怒らせても。
いい年した息子を「ショーンちゃん、ショーンちゃん」と呼んでいても。


| 独り言 | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
言葉
若い頃(今も若いよっ)
別にとんがってたわけじゃないけど、人の言葉をうまく消化できずにイライラすることがよくありました。
顔で笑っていながら心で鬼の裁判官になってたわけです。

でも多感な青春時代、少なからず誰にもそんな感情あったんじゃないでしょうか?
僕は特別親に反抗してはいなかったけど、世の中全体に反抗していて、なおかつ心の中で押し殺していました。
 
「がんばって!」
そんな言葉が嫌いでした。
なんでがんばらなきゃならない状況を押し付けられなくてはならないんだと思ってたんですね。

でも年を重ねて何となく分かってきました。
言葉は辞書で引いたとおりの意味だけで交わされてないんだと。
最近僕がたくさんもらっている「がんばって!」は「踏ん張れ!努力しろ!」ではなく「GOOD LUCK!!」のニュアンスのほうが近いように感じています。
言葉は飽くまでも言葉だと思っていましたが、たぐり寄せると案外言葉の奥にある心根の方が大事なんだということに気づかされます。
それがもっと分かるようになれば言葉によってうろたえることが少なくなるんじゃないでしょうか。
 
ちなみに僕は親しくなるほど口が悪くなります。
自分でもひどいなっって思うこともありますが、悪意はないし、何より心根は善意に満ちてますから、なにとぞご理解のほどを!!
| 独り言 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |